HOME>Review>遮光カーテンとは?睡眠の質が上がった人たちの声

遮光カーテンとは?睡眠の質が上がった人たちの声

カーテン

なんだか眠りが浅いというのであれば、その原因は光のせいかもしれません。遮光カーテンにすることによって、光がかなり遮ることができますので、紫外線による様々な弊害から部屋を守れます。

クチコミ

わずかな光もなくぐっすり眠れています。【40代 男性】

寝室は日当たりがいいので、早朝から日差しが部屋の中に入ってきます。そのため、日差しのせいで夏場は朝5時や6時に目が覚めてしまうことがありました。休日昼寝をするときは、窓を避けるように壁側を向いて寝るようにしていました。また、タオルを目に当てたり、アイマスクをして対処していましたが、だんだん面倒になってきました。睡眠の質を上げるため、カーテンを遮光性のあるものに変えることにしました。通販サイトで簡単に見つけることができました。どうせ買うならと遮光性1級のものを選びました。おかげで日光を完全にシャットアウトでき、朝まぶしくて目覚めることはなくなりました。昼寝も天井を向いて寝ることができるようになりました。いい買い物ができてよかったです。これから買おうとしている人には、やはり1級の遮光カーテンをおすすめしたいです。

窓のサイズぴったりに合わせて買うといいですよ。【30代 男性】

引っ越した際、前の家で使っていた普通のカーテンをそのまま使いました。丈が足りず、いつも下から光が入り込んでくるかんじでした。なんだかみっともないかんじだったので、新しいものを用意することにしました。家具店に見にいったところ、沢山種類があって驚きました。遮光性のあるカーテンも手頃な値段だったので、買うことにしました。遮光カーテンにするなら、窓のサイズとピッタリ合わせたかったので、寸法をチェックして購入しました。おかげで部屋を暗くしたいとき、いいかんじに真っ暗になるので便利です。朝カーテンから光が漏れることもなくなったので、寝たい時間までぐっすり寝られるようになりました。普通のもののほうが確かに安いですが、わずか数千円出すだけでここまで快適な睡眠が得られるなんてすごいですね。